ランキング参加中!

人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へWebComicRanking

インフォメーション

購入予定リスト

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  04  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

リンク

プロフィール

ささかま

Author:ささかま
ゲームblogへようこそ。
トロフィー(実績)は魂の証明!
このブログの半分は積みゲーで
できています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルマスター ライブフォーユー ツッコミレビュー

「ねんがんのライブフォーユーをてにいれたぞ!」というわけで。
L4U!タイトル
全国のファン代表プロデューサーのみなさん、無事ゲットされているでしょうか。

心待ちにしていた変体紳士なPも多々いることでしょう。
戸田公園ライブ
創刊号から6800ゲイツというバンナムのやる気にびっくりした方もいることでしょう。

さて。
ツッコミレビュアーとしてはどうしても突っ込まずにはいられない。
早速、一言物申したいと思います。

※以下、若干ネタバレな表現、ツッコミを含みます。未プレイの方は取り扱いに注意してください。
実績1000
"アイドルマスター ファンディスクフォーユー!3800円"
見所は小鳥さん。個人的にはファン代表Pのキモさw


以下、簡易レビュー。
「前作をプレイ済み」のPにとっては、ファンディスクとして申し分のない出来ですが、
一般的なフルプライス+のゲームとして評価する場合にはやや疑問点が残ります

というのも、ぶっちゃけてしまえばL4U!にゲーム的な面白さは一切ありません。(断言
ターゲットはあくまでコレクターズアイテムとして割り切れる前作経験済みのPにつきます。

開発期間の短さや使いまわしのグラフィックから見ても、
前作に比べ開発費が抑えられたはず。でも、フルプライス!
ゲーム内容は音ゲー(オフライン)、一言で言えばライブ演出のみ。でも、フルプライス!
DLCが創刊号から定価超え(10200円)。でも、フルプライス!


4、5時間程通しでプレイしましたが、アイマスファンとしては十二分に満足出来ました。
律子待ち受け
律子かわいいよ律子。(携帯の待ち受けにどうぞw)

しかし、唯一解せないのはL4U!を7140円(限定版9800円)で発売したバンナムという会社の姿勢。
『僧侶の日記(ドラクエ3)』から言葉を借りるとすれば。

ありえん(笑)最初から絞る取ることしか考えてねーYO!


最後に。
L4U!がアイドルマスターというコンテンツの評価を下げないことを切に願います。
正直、これから増えるであろうアマゾンとかmk2のレビューが怖い。(笑)

人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へBlogPeople
関連記事
コメント

こんにちは。
我が家にもL4Uが届き、ちょうどプレイしているところです。
小鳥さんかわいいよ小鳥さん。
って、さっそく昨日の深夜の時点で実績フルコンプですか!
獲得しやすい実績が揃っているとはいえ早いですね(笑)
>フルプライス!
たしかにゲーム内容だけで見ると少し高いですよね。
作品の性質上、値を下げずとも一定数捌ける見込みがあるから仕方ないかもしれませんが。
ある程度資金が回収できたら、プラチナ化してDLCでの収益獲得モデルに移行するんじゃないでしょうか(笑)
有料DLCを利用するユーザは初日に限定版を買ってるでしょうけど(え

おもちさん、いらっしゃいませ~。
>って、さっそく昨日の深夜の時点で実績フルコンプですか!
>獲得しやすい実績が揃っているとはいえ早いですね(笑)
ええ、早速です。準備もさることながら相当気合入ってたので。
…半分意地になっていたというのもありますが。(笑)
>フルプライス
私がなぜここまでフルプライスに拘っているかというと、
若干内情がわかる身といいますか仕事柄というわけでもないのですが、
仮に前作の開発費が諸々含めて○億円だとすれば、L4U!はその5~10分の1以下だと思われるので。
(エンジンの使いまわし&制作期間約4分の1という観点から)
それと今までコンシューマー機で発売されたいわゆるファンディスク系のゲームで
フルプライス発売されたものがあまり記憶にないというのもあります。
これは推測ですが「前作とL4U!のソフト売上だけで同2作の開発費を回収し、
DLCの売り上げ分を丸々利益に繋げようとしている」ことからくる価格設定ではないか、と。
ある意味、市場を読み切っているバンナムだからこそなせる業と言えるかもしれません。
ただ、上記はあくまでL4U!を1本のゲームとして客観的に見た評価で、私個人的には満足しています。
何せ実績を1日で解除してしまうくらい熱が篭りましたから。(笑)
>有料DLCを利用するユーザは初日に限定版を買ってるでしょうけど(え
http://sinobi.ameblo.jp/sinobi/entry-10076330954.html" rel="nofollow">忍さんによれば、購入者の9割が限定版を選択したとのことですので、
それはもうまごう事なき事実ですね。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。