FC2ブログ

ランキング参加中!

人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へWebComicRanking

インフォメーション

購入予定リスト

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  04  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

リンク

プロフィール

ささかま

Author:ささかま
ゲームblogへようこそ。
トロフィー(実績)は魂の証明!
このブログの半分は積みゲーで
できています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイアーエムブレム 覚醒

今年最も楽しみなタイトルの一つ、ファイアーエムブレム 覚醒が到着。
ファイアーエムブレム 覚醒
シリーズ最新作であり、集大成的なタイトル。

ファイアーエムブレムはファミコン世代直撃の私には大変思い出深いシリーズ。
FC版暗黒竜と光の剣、外伝、そしてSFC版紋章の謎は今でも大切に保管してあります。
ファイアーエムブレム 初期2作
今作覚醒には"マルス"や"チキ"などのキャラクターが登場することや、
アイテムや武器等の名前も過去作に縁のある名称が付けられていることが判明しています。

もちろんファンとしては大変喜ばしいことですが、正直に言うと心境はやや複雑。
パラレルと言ってしまえばそれまでなのですが。

やはり加賀さん(ファイアーエムブレムの生みの親として知られる)がいない中、
マルスのお話(=アカネイアの歴史)を創作して欲しくないという思いが強いです。

DSで過去2作、リメイクが発売されていますが、それらはリメイク止まり。
これはある種の暗黙の了解的な作用が働いた結果だと思います。

そういう意味で本作はどうなのか。
これからプレイして自分の目で見て確かめたいと思います。
ファイアーエムブレム 覚醒
任天堂 (2012-04-19)
売り上げランキング: 4
関連記事
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。